希望の場所、大きさ、
価格の土地を手に入れたい!

誰もがそう思うかもしれません。マイホームを取得するということは、ほとんどの方にとって「一生その場所に住む」という大きな決断です。やはり、できる限り希望の土地を手にしたいというのは、誰でも思うことではないかと思うのです。良い土地を見つけるというのは、良い家を建てるのと同じくらい難しいのです。マイホームは、一生に一度のビッグな買い物。それこそあなたの人生と命を賭けての買い物なんですね。

失敗は許されません!

家を建てる土地にもこだわるために、しっかりとした情報収集が大事です。そこで、不動産の営業マンが教えない、不動産業界の裏側を特別に大公開しましょう!

不動産の営業マンが教えない秘密の話?!

1 不動産の商売方法に秘密

良い土地情報は、中々あなたの手には届きません。
インターネットや住宅雑誌が盛んになり、色んな情報が簡単に手に入る現在でもです。

なぜでしょうか?

実は、不動産の商売方法に秘密が隠されているのです。
よく不動産は、両手・片手の商売に例えられます。
「両手の商売」というのは、売主さんからも買主さんからも仲介手数料をもらうことです。
「片手の商売」というのは、売主さんか買主さんのどちらか一方からしか手数料をもらわないことを言います。

【補足説明】

「アンコ」と言って中間また別の業者が間に入り、
売主もしくは買主からの手数料を業者間で頭割りすることもまれにあります。

2 良い物件は、
中々オープンにならない!

とにかく、不動産業者にとって、一番儲かるのは当然「両手の商売」なのです。
ですから、売主さんから土地や住宅を「売って下さい!」と依頼を受けると、
その業者は「売り物件情報」をできれば他の同業者には公開しないで自分だけで売りたいわけです。
良い物件は、中々オープンにならないし、自分の持っている物件をお客様のために提案するということが難しいのです。
また、不動産の営業で一番の苦労は、何と言ってもこの「売り物件の情報収集」です。
不動産、免許さえ受ければ誰でも営業できます。でも、売るものがなければ商売は成り立ちません。
そこで、「良い物件を下さい!」と業者間回りをする訳ですが、
そうは簡単に手にすることはできないので、個人的な人脈や縁故を通じて入手することが多くなります。
結果として、土地をお求めの「お客様」は、こうした隠れた情報を手にするためには、
「強力パイプ」を持つ業者を探し当てるか、土地の選び方を知っている人に教えてもらうしかないのです。

土地探しは建築のプロに
お任せ下さい!

私たちKEEP:Sは、家を建てるプロですが、
どういう土地に家を建てると良いのかということもよくわかっている
土地と建物のプロフェッショナルでもあります。
土地選びまでトータル的にサポートさせて頂く事も多く、
間取りやお客様の希望をしっかり聞きながら最適な土地の選定の仕方をお伝え致します。
もし、土地選びでもお困りであれば、一度、お気軽にご相談下さい。
不動産の営業マンが教えない、「失敗しない土地選びのコツ」を、しっかりアドバイスさせて頂きます!

(他社がやっていない!)
徹底した敷地調査

お客様の土地の候補地が決まった場合、KEEP:Sではその敷地を徹底して調査させて頂いております。
これからその土地に住まわれる方がよりご安心して暮らして頂けるように、
測量や法規、近隣状況や街並みに至るまで、徹底して調査させて頂きます。

家は、今後の人生のストーリーの舞台となる場所です。
しかし住む前はその土地が本当に安全で安心できるかどうかがわかりません。
不安要素は挙げれば挙げるほど出てくると思います。
それもある程度は仕方のないことです。
しかしその不安要素はできる限り事前に払拭しておきたいですよね!

当然ご近所トラブルなんかも避けたいものです。
KEEP:Sではそのためにできる範囲の中で両隣とお向かいさんの苗字や家族構成、
人柄等もチェックするようにしています。
また、町内会についてもできる限りチェックし、
ゴミ収集所の場所と曜日、世帯数と人数、町内会長の名前、
子供会やスポーツ少年団の有無、町内会特有の行事等もチェックするようにしています。
そして、その土地について。
以前の状況、広さ、陽当たり、交通量、音、高低差、前面道路、ライフライン、
学区、公園、過去災害の有無、地耐力等についても徹底して調査させて頂き、
その土地に住まわれる方の不安点や不明点を事前に
できる限り解消して頂いております。